【競馬予想法の数々・・・その1】①新聞予想欄(予想家)

前回お伝えした通り競馬予想法の種類は多く、どの予想法が自分のスタイルに合っているのかを決めることは中々難しいですよね。
本日は、前回ピックアップした中から①新聞予想欄(予想家)ついて個人的視点でお話していきます^^

①新聞予想欄(予想家)

まず、競馬を始めるにあたって初心者さんが最初に手を付けるのがこれでしょう(笑)
もちろん、私もそうでした^^

まあ、いきなり特定の予想家の印に便乗する人はいないと思いますが(爆)

私の場合は、◎〇▲などの印を見て、、、結構長い間、私は▲☆△などの印の意味は知りませんでした。
というか興味ありませんでした(笑)

 

とにかく注目してしまうのは「◎」です!!
しかも、たくさんの予想家さんも下図のように◎印をつけていますが、


馬柱に記載されている印の中でも最下段、、、

つまり「本紙」のところの「◎」にどうしても目が止まります。
ここが一番説得力があるのです(笑)

気になって気になって仕方がないのです(爆)
あなたもそうですよね!? あるいは、そうでしたよね!?
しかし、この本紙◎が一番の曲者なんです^^;

 

ほんとうに中々的中しないですし、的中したとしてもほとんど高配当は望めません。
というのも、どんな穴予想の記者さんが本紙予想を担当したとしても上からの圧力で人気馬に◎〇を打たざるを得ないからです。
まず、本紙予想で毎週のように積極的に7番人気、8番人気にガツンと◎印を打っているような新聞はないと思います(笑)

特にあなたがもっとも購入する確率の高い重賞などのメインレースは迂闊には一発狙いの馬には◎印は打てません。
仮に勇気を出して人気薄に◎印を打ったとしても、その人気薄の馬が大敗した場合など購読者からのクレームが怖いですしね^^;
先にお伝えしますが競馬は穴を当てないと正直勝つこと難しいと思います。

 

私はこの考えです。そういえば裁判沙汰で有名になった「卍さん」も回収率重視というスタイルだったはず。

毎年G1レースの平均配当も結構すごいでしょう?競馬は本当に荒れるので、勇気を出して攻めてくれる予想家さんに注目しましょう。

 

今年の日本ダービーは昨年の3強決着と同様に、2番人気のレイデオロが勝って2着に3番人気、3着に1番人気という人気サイドで決着でしたが、こんなのは本当にたまたまです。2年連続で1から3番人気で決まっていてもたまたまです(爆)

 

基本的に競馬は荒れます!!

 

話を戻しますね、、、あなたが買う競馬新聞は正直どれでも構いません。内容にあまり大差ないので^^
私の例を上げると、今は滅多に買いませんが専門紙の競馬新聞なら「競馬研究」です(笑)
とにかく見やすい。それだけ。コラムなどは別に面白いとは思いませんが、
狙っている馬が長期休養明けの場合などで調教状態を確認したいときにだけ買う時があります(笑)

 

それでも以前は、「穴の池田勇孝さん」の予想欄は超参考にしておりました。池田氏は私の中では神的存在でした。
しかし、現在は競馬研究からは引退されております。

 

一方、スポーツ紙なら「スポニチ」

 

見やすい上にコラム欄も結構面白いですね。読んでいるうちに馬券の購入を忘れたことが何度もあります(爆)

そのスポニチでもっとも有名な予想家としては「万哲さん」でしょうね。結構、大穴狙ってきて面白いですし良い読みしています^^

 

万哲さんは本紙記事もガンガン執筆しておりますが、読んでみると厩舎関係者などから入手した裏情報の分析力が高いという印象を受けます。

 

まあ、エイトのヒロシさんなど各紙に必ず有名な予想家さんがいますし、その他の予想家さんも参考にしてみてください。
これから伸びてくる若手とかもいるかもしれませんしね^^

ということで、競馬新聞から自分の予想軸を取り入れる方は、まず、たくさんいる予想家の中でよく分析をし、こまめに中穴以上を当てている予想家を見つけてください。

 

それからその予想家の的中パターン、勝負パターンを研究して見るのが良いでしょう^^

 

先に挙げた例でいうと「穴の池田さんはコラムで具体的な数字を出してコメントしているときは的中率が高いから、今回はこの◎馬は買い目に入れておこう!!」など。
これをやっていると予想家さんの的中気配がだんだんと見えてきます。
最初の内は特別戦以降とか、メイン、最終レースだけに絞ってとか参考、分析することをお勧めします。

 

また、私事になりますが現在、日本最大級の競馬予想ポータルサイト「レジまぐ」で有料予想を提供しております。
やはり私にも的中率の高いパターンや得意分野などがあり、私の予想を分析している購読者様もいらっしゃいます、、、ぐはっ(笑)
ここで注意ですが、競馬は落馬や逃げ馬がスタートで躓いたり、直線で前が壁になってレースにならなかったりと予期せぬことも起こりますので、
そういうレアな事態は分析時にマイナス判断の材料に入れないようすることも大事です。

 

「皇子さん、また外したな!」とかお叱りを受けることも多々ありますが、
私「レース見てください、、、あの不利を、、、」と言いたくなることもあります^^;

 

一般的にはレース結果だけを見る方が多いのですが、新聞や予想家の有力印(◎〇▲等)の馬のレースぶりをVTRなどで見ると次回の参考にもなりますし、
「この不利がなければ予想家〇○さんの◎印は勝っていたかもな!」とプラスに判断も変わるのではないでしょうか。
ここで新聞の予想印を使った買い方の参考例など、、、^^

 

ベテランになると◎-△、〇-△ の馬連流しで高配当狙いとか、
3連単で◎〇▲-△-◎〇▲あるいは、△-◎〇▲-△のフォーメーションを組むなどの買い方もあります^^

ちなみに、この場合の△は4頭くらいです。

 
では、次回は血統予想についてお話しします^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です